top of page

よもぎ蒸しの効果

更新日:2023年1月30日

よもぎ蒸しは、アロマテラピー効果と言われています。


よもぎ蒸しの蒸気は下半身から吸収されることはありません。


よもぎの香り成分(蒸気)が 


鼻腔から粘膜で吸収され脳の中心部(大脳辺縁系)に直接届きます。


脳の中枢部に働きかけ自立神経や内分泌系に作用します。




人間の嗅覚




人間の五感、視覚・聴覚・触覚・味覚、嗅覚。この中で嗅覚の刺激だけが大脳新皮質を通さず、大脳辺縁系にダイレクトに伝わります。大脳辺縁系は「食欲」や「記憶」「感情」など本能的な機能を司る部位です。その周辺には自律神経の中枢「視床下部」やホルモン分泌にかかわる「下垂体」があるため、刺激が伝わると考えるよりも早く心と体が反応します。


香りをかいで一瞬で昔の感情が甦って胸がキュンとしたり、憂鬱な気分がスーッと爽快になったりするのは、そのためです。




リラックス効果




よもぎの香りに含まれるシネオールは、リラックス効果が期待できます。


また、こころよい芳香と味を持つことから、食品添加物・香料・化粧品に利用される。口中清涼剤やせき止めにも配合される。炎症や痛みを和らげる作用があるとされる。また、白血病細胞を殺す作用を持つ、あるいは副鼻腔炎の治療に効果があると報告されています。


シネオールは、アロマテラピーで有名な成分ローズマリーにも含まれます。




デトックス効果



よもぎ蒸しをすることで体を温め、発汗を促し新陳代謝を上げるので


爽快感、デトックス効果、美肌効果、冷え性の緩和が得られます。

閲覧数:22回0件のコメント

Kommentarer


bottom of page