top of page

農福連携への
​想い

農福連携とは

農業と福祉の連携を指し、障害者・高齢の方が農業に関わり活動・活躍する事で、社会参画を実現していくものです。

農林水産省

農福連携等応援コンソーシアム会員

農福連携ノウフクロゴ

あ、私にもできることがあるんだ。
​自分の可能性を育て
​こと。

よもぎを育てることは、みんなの未来を育てることです。

農福連携とよもぎの安定供給

障がいを持つの方や高齢者の方が自分らしく、生きがいを持ち、自身の価値を大切に農業分野で活躍して頂くことを第一に考えています。自然に触れることにより心を穏やかにし健康的に過ごしてもらう事を応援し、ゆっくりと時間をかけて笑顔が増える働く環境づくりを目指しています。

地域の社会福祉法人、引きこもり支援施設の利用者の方、高齢者と一緒に

収穫・加工作業を行っています。

現在、国内で流通している「よもぎ」の多くが外国産です。

国内生産量の少ない「よもぎ」は外国産に頼らないといけない現状ですが、地域の産業として大きく飛躍できる分野であると考えています。

​「よもぎ」の生産量を増やし、安定供給することで地域の産業として根付けば

より多くの雇用を生み出し、より多くの農福連携に貢献できると考えています。

よもぎ農家の農福連携
よもぎ農業の集合写真
よもぎ畑で作業1
よもぎ畑で作業2
自然豊かな徳島で農福連携を行っています
bottom of page